おもちゃのサブスクは

おもちゃのサブスクはメリットも多いために実際の利用が広がっているわけですが、やはりデメリットもありますので申し込む前にはしっかりと考えておく必要があります。料金面も無視はできませんがサブスクを利用する以上は一番気になるのは、本当に子供が喜んで遊んでくれるようなおもちゃが届くのかということでしょう。これは、例えばレンタルDVDショップで自分の気に入った映画とかドラマのDVDを選んでレジに持っていき、会計を済ませて借りるといった感じでの利用は基本的に不可能ですので注意が必要です。ある程度は自分の希望を受け付けてくれたり、少なくとも既に家にあるおもちゃと被ったりすることのないような配慮はされることが普通ですが、全てを自分の希望どおりに選択することは普通できません。

これは、サブスクの多くは知育玩具に重きを置いており、顧客の好みを重視し過ぎると偏りが生じて会社運営に支障を来すという意味合いもあります。知育玩具に重きを置いているために、一般的に子供たちに人気の高いキャラクター商品などは限定的か、そもそも全く用意されていないケースも少なくありません。また、レンタル品ということは即ち中古品だということでもあります。各社とも消毒には気を遣っていますが、誰が触れたのかも全く分からないようなものを、子供に触らせたくないという感覚的なものを持っている人も多いかもしれず、そういう人もあまり向いているとは言えません。